スマホ経済圏で利益を得よう

スマートフォンの世界の出荷台数は10億台を突破しています。我が家では、旦那が最初にスマホに変えました。3年前だったかな。それから高校生の娘が2年前にスマホに変えて、最後に私も去年、スマホに変えました。これで家族三人みんなスマホになったのですが、スマホは使えば使うほど、面白いですね。スマホを通して様々なサービスがあります。ビジネスとして見れば、広告、通販、アプリ、電子決済など、いろんなビジネスの要素があります。個人が使う範囲だけで考えれば、大したことでなくても、その市場規模が10億人というふうに考えたら、物凄い利益がそこにあるということになりますね。一人がたったの100円スマホを通して使い、10億人も同じようにそれぞれが100円使ったら、1000億円の売り上げになるわけです。一つのアプリが成功したら、とんでもない大きな利益になったりします。いわゆる「スマホ経済圏」と言われるものですね。だからいろんな企業がスマホ経済圏で、利益を得ようと競争しているのですね。