ネルソン・マンデラ死去

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領が95歳で亡くなりました。白人と黒人を分離するアパルトヘイト(人種隔離)政策を廃止した功績は大きく、ノーベル平和賞受賞者でもあります。大統領になる前は、政治犯として27年間も獄中生活を送りました。ネルソン・マンデラをモデルとして、政治とスポーツの両面から南アフリカを描いた映画「インクビクタス(負けざる者)」を、私は最近観たので、親しみを持っていました。監督はクリント・イーストウッドです。イーストウッドは出演していませんが、マンデラ大統領役をモーガン・フリーマンが演じました。風貌がかなり似ていると思いました。また、クッツェーという南アフリカ出身の作家がアパルトヘイト時代の厳しい状況を小説「マイケルK」で描いています。その悲惨さに比べたら、アパルトヘイトがなくなって、大きく変化していると思いますが、ただ、貧富の差はまだまだあって、貧民街のような場所も残っています。