マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンは一世を風靡しましたが、晩年は様々な問題を起こし、世間を騒がせました。でも、完全復活して2009年「THIS IS IT」というコンサート・タイトルで50回の公演を予定していましたが、その公演スタートの直前に急逝しました。チケットは全公演、即日完売していました。今もその死は謎に包まれています。亡くなってから、公演に向けてのリハーサル映像をかき集めて編集し、1本のドキュメント映画に。そのタイトルも「THIS IS IT」です。映画館で上映されました。私は観に行かなかったけれど、遅ればせながら最近、その映画を観ました。歌声、ダンス、なにもかも軽やかで、死の予感はありませんでした。一説によると、リハーサルの間もふらふら状態のことが多く、映画として編集された部分だけが元気な姿で、元気ではない部分はすべてカットされているという噂もありますね。1曲が流れる間にマイケルの衣裳が何度も変化します。1曲通して同じ衣裳というのがないから、それが元気な部分だけの映像の根拠になるということです。真相はわかりません。