ユニクロの売上高1兆突破

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を世界展開する会社は、ファーストリテイリングです。そのファーストリテイリングが2013年8月期連結決算で、売上高1兆1430億円になりました。前期比23.1%増で、国内の衣料品会社として初の1兆円突破です。柳井正会長兼社長にインタヴューしたところ、大して感慨はないとのこと。2020年には目標売上高5兆円を目指しているようです。国内だけでなく、世界戦略を進めていて、中国や韓国や台湾への出店を加速させて成功しています。中国で反日のデモがあったときは、店舗への被害もありましたが「中国は大切なパートナー」という立場を崩さず、今後さらに出店し、中国全土1000店舗を目指すようです。上海のユニクロ店は、世界で最大の店舗面積です。日本では銀座店が最も大きな店舗ですが、それを軽く越えています。ヒートテックなどの高機能製品の人気は高く、まだまだ巨大化しそうですね。一時期、ユニクロはプラック企業とバッシングされていましたが、現状はどうなんでしょうね。