勤務先の社内公用語が英語

25/04/2014 仕事

旦那が勤務している会社が去年から社内公用語が英語となりました。旦那は英語が苦手で、一時は、転職を考えました。旦那と同じような、英語苦手という人は、わりといるようで、「現在の勤務先の社内公用語が英語となった場合、転職を考えると思うか」というアンケート調査があります。それによると、「思う」「どちらかといえば思う」と答えた人が47.2%もいたのです。旦那が転職したいと言い出したとき、私は、反対しました。会社としては、社員の英語のスキルアップのためにいろいろと学習コースを設けていて、それをまじめにこなしながら、本当に英語が話せるようになるなら、そんなに楽しいことはないし、世界が大きく広がるから、絶対にこの機会を利用したほうがいいと言いました。それで、旦那も数日考えて、会社に残って、英語を勉強してみるよ、と言いました。その甲斐あってか、かなり英語が上達しているように思います。この調子ならば、英語ペラペラになるかもと期待しています。