痩せたかったらショックを受ければいい

私の小学生の頃のあだ名は「骨」。
それから高校時代まで細身でした。
しかし、結婚し子供も産み、忙しさでごまかしながら生活し、
気がついたら太っていき、ダイエットも何度か試みましたが長くは続かずリバウンド。
トータル、痩せ期ピークから17Kも体重増加してしまっていました。
それでも、もういいや…と諦めていたちょうどその頃、高校時代の友人に偶然道でばったり会います。
「久しぶり!」の言葉の前に「どうしたの?横に伸びて!!」と驚かれる始末…。
ショックでした。
あの頃の私を思い出しました。
小さかった。
そして女の子でした。
背が低くて小さい「女の子」でした。
かつて、背の高い女性に憧れ、細く背の低い自分への劣等感を抱えていた自分がいた事すら忘れていました。
皮肉にも伸びたのは幅。
当時の「女の子」が「おばさん」に。
久しぶりに会ったその同級生は「小さいね」と可愛がってくれていた友達。
やたら貫禄が出ていた私に対し、心底驚いたことでしょう。
私だって心底驚きました。
「久しぶり」より先に「どうしたの横に伸びて」と来るとは思いませんでしたから。
あまりのショックに今は、痩せていた当時に好きだった音楽をとにかく聴き、
あの頃痩せていた自分を脳裏に連れ戻し、精神ダイエットをしています。
ゆっくりのスピードですが2カ月で7キロ痩せました。
あの時にばったり会った友達のおかげです。
ショックを受けることでこれから生きていく人生まで見直せます。