私は暇な訳では無いんだよ

05/12/2013 未分類

この時期になると忘年会と称して飲み会が増える。かつての私も会社の忘年会などの公式的な飲み会とは別に友達や個々に同僚と飲み会を開いていた。

しかし子供が生まれて5年。忘年会は会社勤めしていた時には公式的なものがある年もあればない年もあり、その他のプライベートな飲み会は一度もしていない。

もちろん飲み会自体は好きだけれど子供がいると簡単に出かける事ができない。子供を誰かに預けてまで出かける事は私の中ではナンセンスである。

かと言って子連れで飲み会に行くなんて更にあり得ないので結局忘年会を開く事は不可能となってしまう。

しかし私の状況をわかっているはずの周りの友人や元同僚から忘年会と称した飲み会に誘われている。もちろんいつでも行けるわけではないだろうと考慮してくれてはいるのだが、まだまだ甘い。

普段は夫の帰りが遅いので夫の休日ならば行けるだろうとその日を狙って誘われるのだが、休みだから預けられると言う簡単な話ではない。そもそも私は子育てで忙しいんだよ。赤ちゃんの世話は夫に任せられる物では無いんだよ。お気楽主婦なわけではないんだよ。

いつになったら分かってくれるのだろうとボヤきたくなる毎日である。