細菌やウイルスの院内感染

27/01/2014 医療

入院中に何かの細菌やウイルスに院内感染して、死亡するというようなリスクを感じることがあります。私がたまたま入院していた病院でも、そのようなことがありました。ちょっと怖かったですね。具体的に言うと、入院患者がセレウス菌に感染しました。感染者のうち2人が死亡しました。年輩の方で、抵抗力がなかった点もリスクになりますね。セレウス菌というのは、珍しくはない細菌です。たとえば土の中など至るところに存在しています。主に食中毒を起こす細菌です。感染の経路として一般的に言われているのは、食品に付着していて、加熱せずにそのまま食べた場合ですね。とにかく病院に入院して治療中に、自分がかかっている病気とは関係のないウイルスや菌にやられて死亡するわけで、なんとも言えません。病院側の食品の管理が問題で、そんな事故が起きると病院への信頼が一気に損なわれます。何事も、ちょっとした油断から、問題を起こしてしまうと思うから、気をつけなければなりません。