英会話にも様々なバリエーション

06/04/2014 勉強

英会話にも様々なバリエーションがあります。たとえば、英会話スクールの「カスタマイズ英会話We」では、業種や職種に応じた即戦力の英語を学ぶ「ジョビングリッシュ」コースを設置しています。また、英会話スクールの「COCO塾」では、看護師や医療関連スタッフを対象にした「医療関連コース」を設置しています。それぞれの職業に特化したタイプの英会話講座を受講することで、基本的な応対ができるように目指しています。日常英会話やビジネス英会話コースに比べて、職業特化型は、短期間で習得できて、値段的に安いという傾向があります。それは学習範囲が絞られているからですね。より効率的に学べるからです。今後も外国人の訪日は増えると予想されています。たとえば、2020年の東京五輪開催時には、今の数倍の訪日外国人数が見込まれています。それに向けて、様々な業界で、英語が話せる社員を育てる動きが活発化しています。また、東京五輪がなくても、多くの日本企業が世界へとグローバル化していますから、必然的に、英語だけでなく、日本語以外の言語はさらに必要になってきています。