映画「静かなる一頁」

いつもは多くの人に人気のある、娯楽性の高い映画を観るのですが、たまたまレンタルショップで、ロシアの映画監督アレクサンドル・ソクーロフの「静かなる一頁」をレンタルしてみました。たまには、自分に理解できるかどうか分からない、ちょっと難しそうな映画も観てみたいと思ったわけです。観はじめて、これはかなりの忍耐を要する映画だと思いました。その思いは、最後まで続きました。最後まで早送りせずに観通すことができるか、心配もしながら、なんとか最後まで観ることができました。世の中には、「静かなる一頁」のような寡黙な、忍耐を要する映画があということを知っただけでも、新鮮な気分を味わえました。私にはかなり難しい映画でしたが、私なりに楽しめたし、面白かったです。「静かなる一頁」はドストエフスキーの小説「罪と罰」からイメージされた映画のようです。「罪と罰」における「老婆殺し」の話が出てきます。主人公の男性がそのことを出会った少女に告白します。少女の驚愕する顔がとても印象的でした。

 

女性専用レンタル自習室

駅近などの便利な場所にレンタル自習室というのがありますね。数はまだ多くはないけれど、少しずつ増えているように思います。私は先月から利用しています。初期費用を3000円払って、その後の月額料金は1万円前後で、隣との仕切りのついた個別スペースで、無線でネットの利用もできます。また24時間利用できます。宿泊は不可だけど、24時間利用できるので、要するに、寝転んで寝るのはダメということかな。眠くなって、椅子に座りながら寝ることは仕方ないですよね。私もときどきそういう状態になります。女性専用のスペースもあり、安心です。自宅で勉強するとテレビなど、いろんな誘惑があるので、そういう自習室で、余計なことを考えなくて済む環境ならば、勉強に集中できそうと思ったのです。利用してみて、正解でした。効率よく勉強できて、快適です。私は一応、司法試験を目指しています。勉強量がたくさん必要なので、自分を追い込む必要があります。なんとか頑張って、勉強しています。

女の子の人気の名前は?

2013年生まれの女の子の人気の名前ランキングというのがあります。それによると、1位は結菜(ユイナ、ユナ、ユウナ)でした。いい名前ですね。響きがとても綺麗です。読み方にバリエーションがありますね。2位は葵(アオイ)です。これは高校の友達にいましたね。これも好きな名前です。その友達のことが好きだから、名前にも愛着が湧きますね。3位は結衣(ユイ)です。この名前は、わりと昔から多い気がします。タレントさんにもいますね。4位は陽菜(ヒナ、ハルナ、ヒナタ、フナ)です。読み方だけではどんな漢字なのかわからないですね。漢字と読みがしっくり来ない印象かな。こういうのが流行で、人気があるのでしょうが、私はパスかな。それから5位は結愛(ユア、ユナ、ユウア、ユイア、ユメ)でした。これも読み方がいろいろで、なかなか難しいです。漢字そのものは誰でも知っている漢字を使っていて、読み方にちょっと個性を出すという発想が流行のように感じました。

キャスターの丸岡いずみさん

キャスターの丸岡いずみさんが、かなり重症のうつ病にかかっていたということを、何かのテレビに出演したときに、語っておられました。現在は元気に回復されています。回復されているから、実はうつ病にかかっていたと言えるわけですが。とにかく話しておられた内容は、かなり壮絶な体験ですね。被害妄想とか、自殺願望が強くなって、周囲の人達が心配します。当時すでに結婚されていましたから、旦那さんも大変だったでしょう。最終的には両親が、このまま放置していたら、自殺する恐れがあると判断して、精神科に強制入院させたようです。本人の意思に任せておける状態ではなかったということですね。そして入院中に抗うつ剤を2週間服用した段階で、少し快方に向かったようです。1カ月入院して回復して退院しました。そんなに短期間で回復するケースもあるのですね。いったんうつ病にかかると、長年、だましだましで完治しないケースもありますから。丸岡いずみさんの場合は、それで完治したようです。

脱毛サロンってどこにあるの?

近所の脱毛サロンへ行こうかと考えているのですが、どこにあるんだろう。
近所には見当たらないけど、友達に聞いたらミュゼならどこにでもあるよ?って言ってた。
ネットで調べたらようやミュゼ お店にたどり着きました。
まさかこんなに近くにミュゼがあったなんてびっくりです。見逃してました。結構長いことこのへんに住んでいるんだけど全然気づかなったわ。
脱毛のミュゼに行くの楽しみになってきたけど、勧誘とかないって言ってたけど、もし勧誘されたらどうしようかな。困ります。
サロンってそういう怖さがあるから初めてのところって緊張するんですよね。
でも通いだしてスタッフさんと仲良くなったらすごく通うのが楽しみになるし、友達感覚で話せるようになってくると、一緒に遊びに行ったりできるからいいですよね。
せっかくお金を出してサロンへ行くんだから、楽しくなくちゃ!

いよいよ4月からの増税

いよいよ4月からの増税に伴って、様々な物やサービスの価格が値上がりしますね。私にとって、最もイタイのは、タバコかな。タバコはやめよう、やめようと長年思っているのですが、どうしても禁煙ができません。私は最近ずっと「メビウス」を吸っています。その価格が410円から430円に上がります。それから、私は毎日のようにコカ・コーラを飲みます。コカ・コーラなどの缶飲料は現行の120円から130円になるようです。イヤですねえ。消費税の増税、もう決まったことだから、どうにもなりませんが、値上がりの前に、少しでも買いだめしておこうと思っています。たばこの自動販売機は4月1日の午前0時に価格が切り替わるようです。それから、24時間営業のコンビニなどでは、4月1日の午前0時にいっせいに税率が変更になるそうです。たとえば、午前0時の1分前からレジ打ちしてもらっている間に、0時を過ぎて、まだ商品のレジ打ちが続いている場合、最初の1個めのレジ打ちの税率になるそうです。

 

スマホ経済圏で利益を得よう

スマートフォンの世界の出荷台数は10億台を突破しています。我が家では、旦那が最初にスマホに変えました。3年前だったかな。それから高校生の娘が2年前にスマホに変えて、最後に私も去年、スマホに変えました。これで家族三人みんなスマホになったのですが、スマホは使えば使うほど、面白いですね。スマホを通して様々なサービスがあります。ビジネスとして見れば、広告、通販、アプリ、電子決済など、いろんなビジネスの要素があります。個人が使う範囲だけで考えれば、大したことでなくても、その市場規模が10億人というふうに考えたら、物凄い利益がそこにあるということになりますね。一人がたったの100円スマホを通して使い、10億人も同じようにそれぞれが100円使ったら、1000億円の売り上げになるわけです。一つのアプリが成功したら、とんでもない大きな利益になったりします。いわゆる「スマホ経済圏」と言われるものですね。だからいろんな企業がスマホ経済圏で、利益を得ようと競争しているのですね。